FC2ブログ
2018-02-23 01:32 | カテゴリ:きなこラビット
きなこは雄ですが可愛いらしさが魅力なうさぎでした。
亡くなったときはまだ2歳6か月。
一緒に暮らしたのは2年と4か月。

うさん歩

時間にするととても短い時間でしたが
彼のおかげで
我があるままに生きる。

写真(79)

ということを学びました。
ありのまんま誰かのご機嫌を気にすることなく
行動しても相手からは見放されない。

大すき  とは
相手の機嫌をとることでも
相手にとって都合のいい状態を提供することでもない
ということが腹に落ち存在自体に感謝が湧いてくる。

親にも夫にも
相手の顔色を窺わないと自分の存在を確認:認識できなかった
私には きなこは 自分を大事にする。自分を愛おしく思う ということを
教えてくれた存在でした。

こうしていまあたしがここに在るということを幸福だと思えるのは
愛おしい儚い命の持ち主 きなこがいたからこそ。

いまなお私の中に存在し生きている。
愛おしい命を抱きしめて。
記事↓応記事援クリックおねがいします☆




ぽち⬆︎よろしくお願いします。





ぽち⬆︎よろしくお願いします。
















管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://kinakorabbit.blog.fc2.com/tb.php/638-5a36b4cd